行 政 書 士 業 務 紹 介

1.行政書士とは

 行政書士になるにはほとんどの場合、国家試験である行政書士試験に合格することが必要です。
行政書士については行政書士法に定められており、その業務を通じて依頼者の利益と便益の
たすけ
になることが求められています。

2.行政書士の責務

 「行政書士は、誠実にその業務を行なうとともに、行政書士の信用又は品位を害するような行為
をしてはならない。」これは行政書士法第10条です。また行政書士は正当な理由もなく依頼を拒む
ことができない
ほか、その業務上取扱った事項について知り得た秘密を漏らしてはならない
定められています。
 このように行政書士法には依頼者が安心して仕事を任せられるような規定が置かれていますの
で、安心してご依頼いただけます。

3.行政書士業務について

 事業を経営していく上で、非営利の活動などを運営していく上で、又は国民の日常生活において行政書士はその業務を通じて深くかかわっています。

?A 行政書士は代理人として権利義務に関する書類を作成し提出します。

?B 行政書士は代理人として事実証明に関する書類を作成し提出します。

?C 行政書士は代理人として契約に関する書類を作成します。

?D 行政書士は?@〜?Cについての相談に応じています。

 法律家という言葉を聞くとほとんどの方は一般的に弁護士を思い浮かべるでしょう。

私たちがトラブルに巻き込まれ、話合いによっても解決することができない場合は最終的には裁判所が

判断することになります。トラブルを解決する上で、弁護士は訴訟代理人という固有の権利を持った

法律事件の専門家です。

 一方、自ら好んでトラブルに巻き込まれる方はいないでしょう。誰しも日常においてトラブルに巻き込ま

れないように努力し工夫しているはずです。しかし法律の知識がないばかりにトラブルに遭ってしまった

ということはないでしょうか?

行政書士は業務を通じてトラブルを未然に防止し依頼者の不安を取り除くばかりでなく、依頼者の夢を

実現するコンサルタントです。

言い換えるならば、行政書士は依頼者の一般の法律事務を行なう予防法務の専門家です。

 それが街の身近な法律家といわれる所以でもあります。

5.行政書士作成書類一例

・建設業許可申請書                   ・入札参加資格審査申請書

・貸金業者登録申請書                 ・宅地建物取引業免許申請書

・産業廃棄物処理業許可申請書           ・農地転用許可申請書

・自動車登録申請書                   ・自動車保管場所証明申請書

・旅客自動車運送事業経営許可申請書       ・貨物自動車運送事業経営許可申請書

・道路占有許可申請書                 ・倉庫業登録申請書

・酒類販売業免許申請書                ・飲食店営業許可申請書

・古物商許可申請書                   ・質屋営業許可申請書

・旅館業許可申請書                   ・理容・美容所開設届出書

・薬局開設許可申請書                 ・風俗営業許可申請書

・帰化許可申請書                    ・在留資格認定証明書交付申請書

・在留資格変更許可申請書              ・在留期間更新許可申請書

・著作権登録申請書                   ・創作年月日登録申請書

・有限会社設立                      ・株式会社設立

・NPO法人設立                      ・医療法人設立

・売買契約書                       ・賃貸借契約書

・金銭消費貸借契約書                 ・使用貸借契約書

・請負契約書                       ・贈与契約書

・成年後見                         ・任意後見契約書

・遺産分割協議書                    ・遺言書作成支援

・交通事故示談協議書                 ・交通事故保険金支払請求書

・離婚協議書                       ・財産分与協議書

・告訴状、告発状                     ・内容証明書

・会計記帳                         ・財務諸表


?@ 行政書士は代理人として官公署に提出する書類を作成し申請します。
行政書士がその業務上、書類作成、書類提出することができる官公署は行政機関、だけでなく
立法機関、司法機関を含みます。

※ ここに紹介してあるのは行政書士業務のほんの一例です。
 気になることがあればなんでも結構です。気軽に相談してください。

トップへ戻る

4.街の身近な法律家

ご相談や業務の依頼はこちらから

ごあいさつ財産管理業務交通事故処理会社設立国際業務報酬額表Q&Aリンク

(TEL 048-775-3310)

http://www.solicitor-sawahata.com/

・財産管理業務(遺言・相続、任意・成年後見)
・交通事故処理 ・会社設立 ・外国人の在留・帰化

澤畠行政法務事務所